ガールズバーの特徴あれこれ

ナイトワークをする時には、当然どれぐらい稼げるのかは気になる点になります。
様々なジャンルのお店がある中で、接客内容や給料面などでニーズがマッチしているかどうかで決める方も少なくないでしょう。
ガールズバーを視野に入れている方は、キャバクラと比べて稼げるかどうかを考えるはずです。これは当然キャバクラの方が稼げます。
お客様の支払う金額や接客方法が異なるからです。キャバクラの日給は5000~10000円程のお店が多いですが、結果を残せば稼げる世界となっています。
そのため、月給が200万円程の方も実際にいます。ガールズバーとキャバクラを給料で選択するのであれば、断然キャバクラです。
稼ぎたいと思うのであれば、キャバクラを選択すべきでしょう。

どんなお仕事にも良い点も悪い点もあるものです。これはナイトワークでも同様のことが言えます。
まず、キャバクラのメリットになるのが、結果を残せば残した分給料に反映されるということです。
頑張り次第でしっかり稼ぐことができるというのが、やりがいになります。
さらに、深夜1時になるとお店の営業時間が終わるので、そこでお仕事が終わりになるのもポイントです。
ガールズバーの場合は、接客スタイルがカウンター越しであり、ノルマがないのも嬉しいポイントになります。
さらに、キャバクラと比べると人間関係が良いケースが圧倒的に多く、人間関係でも悩みは圧倒的に少なくなります。

キャバクラは、稼ぎは良いものの、給料から引かれる部分もあります。
厚生費に始まり、ヘアメイク代、貸衣装代、送り代などです。お店によっては無料になる部分がところもありますが、
基本的には引かれると認識しておいた方が良いでしょう。
さらに、お客様への電話などの営業代についてはすべて自腹になってしまいます。そのため、電話代が大変なことになってしまった方も少なくありません。
また、完全な実力勝負の世界になる為、稼げるかどうか不透明です。

ガールズバーでは、立ちっぱなしでお仕事をしないといけない点が辛い部分になります。
朝まで立ちっぱなしのお仕事はきついと感じる方が多いです。さらに、給料はキャバクラと比べて低くなっており、
時給額で1700~2000程度と認識しておけば良いでしょう。
ドリンクバックがあるお店もありますが、キャバクラよりもずっと低いのが事実であり、
稼ぎに関しては比較するとあまり期待できないのを頭に入れておいた方が良いでしょう。